本文へスキップ

肌の老化を食い止めたい人は必見の情報ですよ。

お肌のシミ

お肌のシミに夏みかん

お肌のシミ 写真

夏みかんは四季でいうところの夏を象徴しているように思えますが、その気にさえ なれば秋でも食べることができます。 頑張れば春でも冬でも入手することはできるので、オールシーズン食すことだって 実は不可能ではない食材です。 なのでシミを解消するために摂取するには時期による制限が多いと勘違いしている 人でも安心して取り組める対策法でしょう。 もし本当に夏しか食べることができないのなら、お肌のシミをなんとかしたいと 考える人がいても1年間のうち4分の1の期間しか夏みかんの恩恵を受けられず、 中途半端な取り組みになってしまいます。 ですがそこは安心してもよく、ネットで検索すれば一年中販売していることがわかり いつでも買うことができるのです。 この夏みかんはビタミンCが多いだけでなく、その働きを補助するビタミンPも 豊富なためとても大きな効果が得られます。 シミの原因となる毛細血管を強くしてくれ、お肌を白くしてくれるので美肌になる こと間違いなしのフルーツでしょう。 夏みかんに限らずみかんならそこそこお肌を美しくしてくれる効果を持っているので どれでもいいからとにかくみかんがあったら食べる、それだけでもお肌の老化を 防止してくれますし、果実なのでダイエットにも悪くはない食材です。 本気でアンチエイジングをするのなら夏みかんが最適かもしれませんが、お手元に なければ普通のみかんを食べましょう。



お肌のシミにレモン

これだけを食べることは滅多になさそうなレモンですが、実はレモンのビタミンC はメラニン色素の発生を抑制してくれるのでお肌がきれいになります。 すっぱいレモンはビタミンCの代名詞になりつつあるほどの果実で、健康に良い ことは誰もが知っていることなのですが、レモンを買って来て食べようとするのは ほんの一部の女性だけしかいないようです。 ミカンやリンゴなら皮を剥いてそのまま食べられますが、酸味の強いレモンだと それでは食べにくくて仕方がありません。 強烈な酸っぱさが口の中に広がるのを身構えて、覚悟を決めて齧らなければ瞬時に 吐き出すことになるレモンは買ってきたら気軽に食べられる食材ではありません。 多少手を加えて調理しなければ摂取できないことが、レモンを食べるハードルを きっと高くしているのでしょう。 少なくとも自炊している人でなければレモンを食べられる状態にすることはできず、 無理してそのまま食べようとしたら罰ゲームをしている気分になります。 食べやすくするためにもサラダや唐揚げに添える場合はスライスして薄くし、 一度に大量の果汁が口内に入ってこないような方法をとりましょう。 丸齧りするのが一番手早く多く摂取できますが、素人がこれをやるとレモンが嫌いな 体質にすぐになってしまいそうです。 少量でもいいので無理なく継続して食べられる方法で美肌になりましょう。



お肌のシミにナス

お味噌汁の具で人気のナスもお肌のシミに多大なる効果があります。 紫色で怪しく光るナスはビタミンPが豊富なので、お肌のシミの原因である毛細血管 を強化してくれる働きに期待が持てるのです。 お味噌汁以外にも天ぷらなど和食で人気のナスは、日本人なら産まれてから毎年 何回も食べ続けてきた野菜だと思われます。 ですが意外とナスをメインのおかずにしている人は少なく、いつも食べているような 気になっていてもそんなに頻繁には食べていません。 なので「ナスならたまに食べてるけどシミができちゃったよ」という人は頻度が 少なく摂取量も充分でないと考えられます。 野菜の中でも知名度は高い茄子ですが、いつでも食べられるような気になっていても 実際にはあまり食べていなかった、という人も多いのです。 試しにナスを使ったメニュー、最近食べたナス料理を思い出してみると、驚くほど 少ないことに気付かされます。 「しょっちゅう食べてるからビタミンPの補給はバッチリだぜ」と思い込んでいる だけであまり口にされていないナスなので、お肌にシミができる人もいるのです。 美肌を目指すのなら食べたつもりになっているだけでなく、意識してナスを食事に 取り入れる努力をしたほうがいいのかもしれません。 もちろんダイエットにも良い野菜ですし、ちょっと位食べ過ぎても問題ありません。



バナースペース